中古住宅リフォームでマイホームの線引きは

中古住宅を購入してリフォームを行う場合、自分の中での線引きは1000万円程でした。1000万円をリフォーム費用で越えるようなら、建売住宅でもいいので板橋区の新築一戸建て住宅にしようと思っていたのです。だってやっぱり「家は新築がいい」という思いはありますもん。けれども、広さや価格などの条件がいいから、中古住宅を購入してリフォームを行うわけです。

しかし、やっぱりリフォーム費用が高額になるのでしたら、それならばもう「新築がいい!」となりますから。その線引きの金額が私の中では1000万円だったのです。そして結局、いくつかの中古住宅のリフォーム費用がラインの金額に近くなると思いましたので、結局新築物件にしたのです。

土地付き中古住宅の価格の安さには惹かれましたけれどね。しかし、中古住宅はリフォームに目をつむる箇所も多いと聞きますから。実際にはもっとリフォーム箇所が多いけれど、しかしリフォーム費用のことを考えて、目をつむるというわけです。ですからおそらく、見えていない箇所もリフォームが必要なところもあるのでしょう。

そう考えていきますと、やっぱりリフォーム費用が高額になるのならば、新築住宅の方が安心感が高いかなーと思ったわけです。そして新築物件の選択です。中古住宅のリフォームを否定するわけではありませんが、中古住宅も巡り合わせがありますから。私たちは良い中古物件に出会えなかったので見送ったのです。