リフォーム必須住宅は配管こそチェック!

築25年以上経過している家は、私の中では「手を出さない方がいいかもしれない」と、思っています。もちろん、中古住宅にしましても、その物件の間取りや造りによるとは思っています。しかし、中古住宅を購入するひとつの目安として、確かに「築25年の壁(築20年でも)」はあると思っています。

ただ、最近のリフォーム技術には目を見張るものがありますから、リフォームを検討することは、まったく無駄ではないと思います。築25年以上が経過している家であっても、例えば「外壁は数年前にフルリフォームしている」ですとか、「壁紙とフローリングを数年前にリフォームした」という物件ならば、購入の検討の余地はあると思いますから。

ただ、ネックとなるのは実は「配管」だと私は思っているのです。なぜなら、中古住宅を売りに出す家主、ないし不動産会社は、壁紙やフローリングなどの見えるところのリフォームは積極的に行うのですが、配管などの見えないところはリフォームしていないことが多いからです。

けれど、暮らすにあたって重要なところは、実は配管やボイラーなどの普段は見えないところであったりしますからね。匂いについても、配管の古さが影響してきますし。

ですから、練馬区の中古住宅を購入してリフォームを行い、マイホームにしようと思っている人は、「配管」などの見えない部分には注意した方がいいでしょう。しっかりと聞く、もしくは自らチェックした方がいいでしょう。