夢の一戸建て、リフォームで長持ちさせられるか?

PR|氷川台で新築するなら大東建設|

私がリフォームのことを考え始めたのは、家を購入してから20年ほどたった時ぐらいでした。

普通に住んでいても家は劣化していきます。特に外壁は常に太陽の熱や雨、風などにもさらされ、屋根に続いて劣化しやすい箇所です。

私の家の外壁はレンガのような装飾で組み合わされており、よく見ますと知らないうちにレンガとレンガの間に隙間が出来ていました。

最初に外壁の隙間を発見した時はとても驚き、どうしたものかと思案に駆られましたが、手の届く範囲でしたら最近は日曜大工センターなどで販売されています外壁の隙間を埋めるチューブタイプのシリコン剤やスプレーなどが有効だと思います。

ただ家によっては2階、3階ともなってきますと高さもあり背も届かず、全ての外壁をくまなく調べることは素人には大変ですし危険も伴いますので、やはりプロに修理を依頼する方が無難ですし、もし不備があれば文句も言いやすいかと思います。

家の購入は、一生の内でも一度あるかないかぐらいの買い物です。ですので購入されればとても大事にお使いになられるとは思いますが、それでも経年劣化はどうしても仕方のないことです。

出来るだけ自分の目で見て発見し、自分で治せるものは治してみて、素人では無理なことはプロに任せるのが無難だと思います。

PR|家計見直しクラブ|内職 アルバイト|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|サプリメント|SEOアクセスアップ相互リンク集|初値予想|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|JALカード|ショッピングカート|童話|生命保険の口コミ.COM